日本ソフトバレーボール連盟
JSVF
 HOME
会長挨拶
ソフトバレー入門
組織について
規 約
組織図・役員
委員会
活動・事業内容
全国大会
リーダー講習会
都道府県連盟
お問い合わせ
委員会の活動
◆委員会の活動・規程 
・日本ソフトバレーボール連盟専門委員会規程
■日本ソフトバレーボール連盟専門委員会規程
  (目的)
第1条  日本ソフトバレーボール連盟(以下「連盟」という)規約第2章第3条の目的を達成するために、第16条に規定する事業執行の専門機関として次の専門委員会(以下「委員会」という)を置く。
(1)総務委員会
(2)競技委員会
(3)審判規則委員会
(4)指導普及委員会
(5)広報委員会
(6)特別委員会
    (各委員会の担当業務) 
第2条  各委員会が担当する事業を次のとおりとする。
(1)総務委員会
@ 評議員会、理事会等の開催に関すること
A 本会の庶務、経理に関すること
B 諸団体に関わる関連事業の調整及び連絡に関すること
C 全国大会における渉外に関すること
D 功労者の表彰に関すること
E 本連盟の公認及び後援に関すること
(2)競技委員会
@ 各種競技会の開催及び競技会日程に関すること
A 本連盟主催競技会での参加資格や運営上の規定に関すること
B 施設・用具・器具等の設定及び管理に関すること
C チームの登録規定及びチーム管理に関すること
D その他、競技関連事業を有効かつ効果的に推進するために必要な事業
(3)審判・規則委員会
@ 競技規則の制定及び研究に関すること
A 競技規則の周知・伝達に関すること
B 審判法や記録法の研究及び審判員の養成・研修に関すること
C その他、審判・規則関連事業が有効かつ効果的に推進するために必要な事業
(4)指導普及員会
@ 各種指導講習会の開催及び指導者の管理・派遣に関すること
A 各種国際競技会への選手選考及び派遣に関すること
B ソフトバレーボールの各種調査および研究に関すること
C マスターリーダー及びリーダーの活動の場の提供に関すること
D その他、指導普及関連事業が有効かつ効果的に推進するために必要な事業
(5)広報委員会
@ ソフトバレーの広報及び関連事業の情報提供に関すること
A ホームページに関すること
B IT化推進に関すること
C 本連盟主催事業の大会成績や指導者資格取得等の整理に関すること
D その他、広報関連事業を有効かつ効果的に推進するために必要な事業
(6)特別委員会
@ 本連盟に対する支援や全国大会等における協賛・協力社との連絡・調整に関すること
A その他、有効かつ効果的に推進するために必要な事業
  (委員会の構成)
第3条  委員会の構成は次のとおりとする。
(1) 委 員 長 1 名
(2) 副委員長 2 名
(3) 委  員 5名以内
  (委員の選任及び任期)
第4条  各委員会の委員長は、副理事長又は理事のうちから会長が推薦し、評議員会で承認された者とする。
  2  各委員会の副委員長及び委員は、原則として理事・評議員の中から選出し、理事会で承認された者とする。ただし、専門的知識や技能を必要とする副委員長及び委員の場合は、会長が推薦し理事会で承認された者を選出することができる。
  3  委員会の構成員の任期は、連盟規約第11条に準ずる。
  (事業計画及び報告)
第5条  委員長は、所管する委員会の事業について毎年度の事業計画を立案し、評議員会の承認を受けると共に、年度終了時に報告しなければならない。
  (規定の改正)
第6条  本規程の変更は、評議員会の議を経て変更することができる。
 
附則
本規程は、平成15年4月1日から施行する。
本規程は、平成17年4月1日から施行する。
本規程は、平成26年4月1日から施行する。
▲ページトップ
▲ページトップ
Copyright(C)2003 Japan Soft Volleyball Federation. All rights reserved.