日本ソフトバレーボール連盟
JSVF
 HOME
会長挨拶
ソフトバレー入門
組織について
規 約
組織図・役員
委員会
活動・事業内容
全国大会
リーダー講習会
都道府県連盟
お問い合わせ
規約
■日本ソフトバレーボール連盟規約
◆第1章 名称及び所在地
第1条  本連盟は、日本ソフトバレーボール連盟(英文はJapan Soft Volleyball Federation )と称する。
第2条  本連盟は、事務局を、愛知県知多市八幡字荒古後109−1に置く。
◆第2章 目  的
第3条  本連盟は、公益財団法人日本バレーボール協会の加盟団体として、わが国のソフトバレーボールを統括し、加盟団体相互の連携・協力を促進して、ソフトバレーボールの健全な普及発展を図ることを目的とする。
◆第3章 事  業
第4条  本連盟は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
@ソフトバレーボールに関する各種競技会の開催
Aソフトバレーボールに関する各種競技会の公認・後援及び指導
Bソフトバレーボールに関する各種指導講習会の開催及び指導者派遣
Cソフトバレーボールに関する各種国際競技会への選手の選考及び派遣
Dソフトバレーボールに関する競技規則の制定と研究
Eソフトバレーボールに関する施設・用具の認定と管理
Fソフトバレーボールに関する諸団体・関連事業の連絡調整
Gソフトバレーボールに関する各種調査及び研究
Hソフトバレーボールに関係功労者の表彰
Iその他、本連盟の目的達成のために必要な事業
◆第4章 組  織
第5条  本連盟は、各都道府県バレーボール協会が推薦するソフトバレーの統括団体及び本連盟の趣旨に賛同する団体で組織する。
第6条  本連盟に加盟を希望する団体は、評議会の決議を経て加盟することができる。
第7条  加盟団体は別に定める分担金を納入しなければならない。
◆第5章 役  員
第8条  本連盟に次の役員を置く。
(1)会 長 1 名
(2)副会長 若干名
(3)理事長 1 名
(4)副理事長 若干名
(5)理 事 30名以内
(6)評議員 50名以内
(7)監  事 2 名
第9条  本連盟の役員は、次の方法により選出する。
(1)会長、副会長は、理事会で推薦し、評議員会で承認されたものとする。
(2)理事長及び副理事長は、会長が推薦し、評議員会で承認された者とする。
(3)理事は、加盟団体で構成する9ブロックの連盟から選出された者及び会長が指名した学識 経験者とし、評議員会で承認された者とする。
(4)評議員は、各加盟組織団体から各1名を選出する。
(5)監事は、理事会において選出する。
第10条  本連盟の役員の任務は、次のとおりとする。
(1)会長は、本連盟を代表して会務を統括する。
(2)副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
(3)理事長は、会長の命を受けて本連盟の会務を掌理する。
(4)副理事長は、理事長を補佐し、理事長事故あるときはその職務を代行する。
(5)理事は、理事会を構成し、業務を決議し執行する。
(6)評議員は、本連盟の重要事項を決定するとともに、第6条に基づき承認された加盟団体と の連絡・調整を行う。
(7)監事は、本連盟の業務及び会計を監査する。
第11条  本連盟の役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
 役員に欠員が生じたときは、第8条に基づいてこれを補充する。この場合の任期は、前任者の残任期間とする。
第12条  本連盟に、名誉会長、名誉副会長、顧問及び参与を置くことができる。
(1)名誉会長、名誉副会長、顧問及び参与は、本連盟事業の推進に顕著な功績のあった者の 中から、理事会で推挙し、評議員会で承認された者とする。
(2)名誉会長、名誉副会長、顧問及び参与は、評議員会に出席し、意見を述べることができる。
◆第6章 会  議
第13条  本連盟に次の会議を置く。
 評議員会は、評議員をもって構成し、毎年3月に開催し、次の事項を審議決定する。ただし、会長が必要と認めるときは、臨時に開催することが出来る。
(1)事業報告・計画
(2)収支決算・予算
(3)役員の改選
(4)その他重要な事項
   理事会は、会長、副会長、理事長、副理事長及び理事をもって構成し、執行機関として、評議員会の決定事項を処理執行する。
  企画委員会は、会長、副会長、理事長、副理事長、専門委員長及びブロック理事代表をもって構成し、本会の議案や会務の調整に当たる。
第14条  理事会は、本連盟の会務を審議決定するため、必要に応じて会長がこれを召集し、かつ議長となる。
第15条  会議は、2分の1以上の出席をもって成立し、議事は出席者の過半数をもって決定する。
第16条  本連盟の事業を遂行するため、次の専門委員会を設置する。
(1)総務委員会
(2)競技委員会
(3)審判規則委員会
(4)指導普及委員会
(5)広報委員会
(6)特別委員会
  2  専門委員会は、本連盟の事業遂行に必要な事項を専門的に分担所管し、理事会の承認を得て処理執行する。
  3  専門委員会に関する事項は理事会で別に定める。
◆第7章 会  計
第17条  本連盟の経費は、加盟団体分担金(30,000円)、公益財団法人日本バレーボール協会配賦金、補助金、寄付金及びその他をもって充てる。
第18条  本連盟の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
   附  則
本連盟規約は、平成 2年1月28日から施行する。
本連盟規約は、平成 9年3月9日から施行する。
本連盟規約は、平成10年4月1日から施行する。
本連盟規約は、平成15年4月1日から施行する。
本連盟規約は、平成17年4月1日から施行する。
本連盟規約は、平成18年4月1日から施行する。
本連盟規約は、平成23年4月1日から施行する。 
本連盟規約は、平成26年4月1日から施行する。
▲ページトップ
Copyright(C)2003 Japan Soft Volleyball Federation. All rights reserved.