日本ソフトバレーボール連盟
JSVF
 HOME
会長挨拶
ソフトバレー入門
組織について
活動事業内容
全国大会
リーダー講習会
都道府県連盟
交流掲示板
お問い合わせ
   

   

  熊本・大分地震で被害を受けた両県ソフトバレーボール愛好者への義援金について
ご 報 告 と お 礼
 
   
  2016.09.02 
   9月に入っても暑い日が続いていますが皆様ご健勝の事と存じます。
 さて、4月14日の熊本・大分地震で被害を受けた両県ソフトバレーボール愛好者への支援について、各都道府県ソフトバレーボール連盟の皆様に義援金のお願いし、一次締切りで8月20日に集計した結果¥1,303,242円の暖かいお気持ちを頂きました。これを受けて日本連盟と役員様の気持ちを含めて、8月23日に熊本県連盟に100万円大分県連盟に50万円お届けしました。これは(公財)日本バレーボール協会と同額となりました。
 全国ソフトバレーボール愛好者の皆さん、仲間のご支援に厚く御礼申し上げると共に、両県のソフトバレーボール振興ならびにご発展を祈念致します。
 取り敢えず義援金お届けのご報告と致します。ありがとうございました。 
   日本ソフトバレーボール連盟
会   長  西山  時義
理事長    岩本  洋
   
  熊本地震に対するお悔やみ及びお見舞い 
   
   この度の、熊本県を中心に起きた地震で被災された皆様へのお見舞いと、亡くなられた被災者のご冥福をお祈り申し上げます。   
 

日本ソフトバレーボール連盟
会長 西山時義

 
  熊本地震に対するお悔やみとお見舞いの御礼
 
   2016.05.07 
   先週土曜日 被災した当連盟の副会長宅のかたずけに行ってきました。周辺の家も軒並みに崩れており凄いの一言でした。総務委員長と私2名で八代より行きまして 通常1時間ですが、2時間ちょっとかかりました。自宅が右に大きく傾き1F崩壊 車庫兼住宅が完全に車庫が崩壊 2Fが1Fになってる状況道路に出ている部分を全て解体し金属 コンクリート 材木に分けて震災処理場へ運搬ブルーシートを被災してる屋根に昇り張った。昇ってみるとブルーシートだらけでした あと2件ほど同じ作業してました あと家財を取り出して近所の農家のハウスに運搬し本日の作業を終了し八代に18時半前に帰り着きました。途中 副理事長より災害物資で水を持ってきてくれました。宮城県理事長から送ってきました食料もお渡しいたしました。 
   熊本県ソフトバレーボール連盟での活動が、完全に出来ない状態です。当初4月17日に総会を開催予定でしたが変更を余儀なく又、本年度開催予定の事業が体育館が避難所になっており、報道でもありますよう宇土市役所崩壊により宇土市民体育館へ市役所が移転してきますので庁舎が建つまで使用不可能状態と深刻な状態です。ソフトバレーボールだけでなくバレーボール協会含め熊本県体育協会が大変なことになっております。地震が治まるのを待つしかない状態です。 
   連盟役員でマンションにひびが入り引っ越しを余儀なくし 又 阿蘇市では副理事長宅裏山にひびが入り地域全体が避難 今は余震 雨で崩落の恐れ 梅雨時期に余震無くても避難生活となることが予想されております。本日も余震がありましたが避難生活 車上避難と理事だけでなくソフトバレー愛好者がつらい生活しております。 
   添付に副会長宅 別のシートにとおりすがりに写した現状を入れました。余震が少しすくなったみたいですが、予断を許さない状態です、まだまだ復興は今からです。皆様のご支援よろしくお願いいたします。 
   熊本県ソフトバレーボール連盟
 理事長 立石 春樹
   
    2016.04.22
   震災お見舞いありがとうございます。
 
おかげさまで当連盟役員全員の無事を確認しております。 尚 TVでの報道でご存知のとおり大変な状態が続いております。全国より多大な励ましの連絡いただきまして力強い限りです。余震が終息しないことには復興が進まない状態です。

  当連盟の役員で家が崩壊 崩壊寸前使用不可能 等 被災しております。多くの、熊本県ソフトバレー愛好者が夜に避難所暮らしをしておりますが、身の安全を第一に身体を大事にしてくださいと伝えております。

  今週末に家が崩壊した花園副会長宅にトラック ユンボ(家解体用ハサミ付き)を持って貴重品回収に行きます。 今日のニュース字幕でボランティア募集がありました。実際はかたずけるのが大変で、そちらに人員が必要不可欠となっております。もちろん手弁当で行きます。一切心配なくと知らせており連盟会長も手助けに来られます。ラインで呼びかけるようにします。ただ天気が良くないため日程を決め切らずにいます。副会長は熊本市内の娘夫婦の所に避難していますが、食事済んだら近所の避難所に身を寄せています。副理事長宅は崩壊の恐れ大の為使用禁止 解体予定となりました 総務委員は(女性)避難所生活で3日間で2食しか食べてなく 疲労と心配で血圧 200 まで上がり危なかった 福岡の娘夫婦の所へ越境避難しました。登録チームの方もマンション住まいでしたがひびが入り危ないため、実家に避難しました。我が家の従業員も夜は避難所へ行っています。
 報道で流れている以上に避難者は多いはずです。避難所へ行かず近くの公園 駐車場あるところで夜中過ごしています。私だけかな?自宅避難?ひどい地震にもかかわらずこけしが倒れただけです。従業員に風呂入られなかったら家においでと言ってますけど余震が治まるまで耐えるしかないと思います。
 随時連絡報告していく所存です。
   
   
   熊本県ソフトバレーボール連盟
 理事長 立石 春樹
 
Copyright(C)2003 Japan Soft Volleyball Federation. All rights reserved.